調整

 

弊社はハードウエアを構築する計装工事施工会社として
実績を積んで参りましたが電気・空調設備は機械があれば
動くというものではありません。

ソフトウエアが重要な要素となります。そのため私たちは
総合的な施工会社を目指して2004年に調整部署を新設しました。

以来、新築・改修工事問わず多数の建物設備の調整業務を
行っております。

調整業務は施工部署が施工した監視装置・制御機器が設計図通り
適正に動作させる為にパラメータチューニング及び
動作試験を行う業務です。

 

調整

こんな仲間が働いています 調整①(インタビュー)

Q.現在担当されている業務は?

システムの調整という業務です。

施工チームが設置した機器の立ち上げ及び機器の特性に合わせた設定、試運転を行い制御する機器が設計通りの仕様に適正に制御される事を確認、検査します。

この業務はシステムという製品を作り上げるうえで最終仕上げとなり、良くも悪くも技術力がシステムの出来に反映する大事な仕事です。

もちろんシステムの出来には適正な施工が大前提ですが、私が調整の仕事を説明する時はいつも料理人にたとえ、最後の塩と胡椒を振る料理長みたいなものと言っています。

いくら食材がよくてもしょっぱくては食べられませんよね。

行っている事は地味ですが『計装』という製品にとっては要だと思っています。

Q.担当されている業務の面白いところは?

システムを調整するということは、システムを把握し関係ある設備全体の理解が無いと調整できません。

苦労して作成したり設定したハードウェア、ソフトウェアがシステム設備にマッチングして稼動しているのを見ると、

自分が建物を動かしているという実感が沸くところにやりがいを感じます。

Q.今までで一番苦労されたことは

電子機器生産のクリーンルーム制御で製造装置から排出される廃熱を再利用し、省エネを図るという制御を導入した時です。

条件により使用が出来なくなる廃熱という不確かなものを利用して、恒温恒湿のクリーンルームの環境を乱すことなく通常の加熱エネルギーからの廃熱エネルギー、廃熱エネルギーから通常の加熱エネルギーに戻すという計装は、稼働中のクリーンルーム環境の維持と導入した計装の両立がとても大変でしたが良好な結果が得られ、お客様にも満足して頂きました。

Q.担当されている業務に必要だと思う事は

好奇心だと思います。

計装は日々新しい技術、機器が出てきます。時には自分の年齢より古い機器を調整することもあります。

新しい物にも古い物にも興味を持ち、技術を覚える気持ちが大事です。

入社歴

2004年入社、勤続14年

業務内容

調整

こんな仲間が働いています 調整②(インタビュー)

経歴

19歳の時に新潟より上京し同業他社で自動制御の調整業務に携わり数々の高層ビル、大型商業施設、クリーンルームなどの計装の立ち上げ及び試運転を行う。

38歳の時、実家の事情により退社し新潟で米作りを行う。

39歳より顧客の信頼が厚く技術力が惜しまれたので冬期から春先の期間限定で弊社に所属し調整業務を行う。

 

Q.なぜ期間限定で調整業務を行おうと思ったのですか?

収穫が終わると冬季は暫く時間が出来、逆に調整業務は3月末までに仕事量が増えるため、丁度いいと思っていた所、声が掛かった為。

 

Q.自動制御の調整業務から米作りと全く違う仕事を行なっていますが戸惑いは無かったですか?

農家の仕事は小さい頃より見ていたので戸惑いは無かったのですが至らない所は周りの人に助けてもらっています。

 

Q.春から秋にかけて米作りをしていますが自動制御の技術の維持はどうしていますか?

秋に調整業務を戻った時に新しい技術等は情報を仕入れ勉強しています。日々新しい技術が出てくる為大変です。

 

Q.ほかの米農家に同じく期間限定で自動制御の調整業務の様な専技術職を行なっている人はいますか?

イヤーいませんね(笑)。やはり25年間の経験で得た、専門知識の御蔭ですかね。

 

Q.調整業務の良い所は?

建設業の中では切った張ったの力仕事ではなく計装、制御という知識を元にした仕事なので体力的に楽な仕事です。

もちろん知識という技術を身につけるのは大変ですけどね。

 

Q.仕事が終わった後は何をしていますか?

お酒を飲むことが大好きなので大体、

仕事仲間と飲みにいきます。今日も行きますよ〜。

入社歴

勤続7年

業務内容

調整

吉田電気工事株式会社

〒242-0005 神奈川県大和市西鶴間4-8-11

TEL/046-261-9725(代表) FAX/046-264-6703